台湾のトイレ事情!流せる?「アレ」で旅行を少しでも快適に【持参】

2020年4月3日


台湾のトイレ事情!流せる?「アレ」で旅行を少しでも快適に【持参】


こんにちは、台湾の大学院に通う耕平(@HEYinTW)です。

 

早速ですが旅行の際、気になるのがトイレ事情。
台湾含め海外のトイレは正直、日本ほどキレイではないです。

・トイレットペーパーは流せるの?
・ウォシュレットはある?
・何か持っていくと良いものは?

など、旅行中少しでもトイレを快適にするために「台湾のトイレ事情&持参すべきあるもの」をご紹介します。

 

台湾でトイレはなんと言う?

・廁所(Toilet)
読み方:ツァースォ

・洗手間(Restroom)
読み方:シーソウジエン

この2通りの言い方があります。
覚えておいてもいいですが、スクショしておけば便利ですね。

 

台湾のトイレ事情

台湾のトイレは有料か?

安心してください。無料です。

他のアジア諸国に行かれたことのある方は、トイレが有料だったというのが印象的だと思いますが台湾ではチップを取られるということはないですね。

 

コンビニやスーパーにはトイレがない!?

画像引用:全聯超狂福袋竟用這裝!民眾驚呼:太扯

日本であればコンビニにトイレがあるのは常識。台湾にもファミマやセブンイレブンがありますが、トイレがない可能性が高いです。

トイレのあるコンビニには看板の下にトイレマークが描かれています。
ではどこにあるのかと言うと以下の通り。

  • 空港
  • ホテル
  • MRT駅
  • レストラン
  • 公園や広場
  • 主要な観光地&施設

MRTとは台北に走っている地下鉄のことです。

淡水や九份、台北駅周辺など観光地に着いてしまえばおそらく困ることはないですが、移動する際は事前にトイレを済ませておくことをおすすめします。

 

台湾のトイレは清潔か

結論から言うと、キレイじゃないところもある程度です。

日本のように細かいところまで管理はされていませんが、わりと受け入れられる清潔さだと思います。今でも汚いところは汚いですが最近はどんどん清潔化され、キレイになってきているのが現状です。ありがたいですね!

とは言え、綺麗好きな方ならば少々汚いと感じてしまうはず…
しかも海外ならではのトイレ事情も多いです。

そこで、台湾でトイレを利用する際の留意点と少しでも快適に過ごすための対策を順番にお教えしますね。

 

トイレットペーパー事情

トイレットペーパーひとつとっても、日本とは勝手が違うので気をつけなければいけないことがあります。

 

便器に流せるか

下水が日本ほど発達していない台湾では、トイレットペーパーが流せないトイレも多く存在します。ついつい日本の感覚で便器に流してしまうと、詰まってしまってとんでもないことになりかねません。脅しじゃないですよ笑

さて、便器に流せるか見分けるポイントですが「ゴミ箱が隣にあるかないか」です。

画像引用:國際機場廁所標語~衛生用品請勿丟入馬桶內

また、上記のような表示があれば絶対流しちゃいけません。
みんな流さず隣のゴミ箱に入れてます。(通りで臭うワケだ…)

個室にゴミ箱がある場合は、絶対に流さないでくださいね。

 

まずはトイレをチェックせよ

台湾でも最近のトイレは日本同様、個室にトイレットペーパーが付いていることが多くなりましたが、男女問わずトイレットペーパーがない個室もあります。

そういう時は外についている場合があります。

画像引用:廁紙供應新測試 學生:費工不省錢

用をたす前に、ここからクルクル巻き取って行かないと後で気まずいことになります。
意識しないとトイレできない…のですが、ちょっとでも快適に用を足すためにいくつか対策案を提案したいと思います。

 

台湾旅行中のトイレを少しでも快適にするために

対策① 携帯ウォシュレットを持参

対策② ウェットティッシュを持参

対策③ ティッシュを持参

 

対策① 携帯ウォシュレットを持参

携帯ウォシュレット おしり洗浄機

意外と盲点だったんではないでしょうか。

持ち歩けるウォシュレットです。ちなみに僕はこれがないと用が足せません(汗

上記は実際に愛用してる携帯ウォシュレットですが、手でギュッと圧をかければ先端の穴から水が出てくる仕組みになっています。
慣れれば使いやすく、安価で補充も簡単、どこでも使えるのでひとつあっても損はない商品ですので、旅行前に購入しておくことをおすすめします。

↓同じ商品

対策② ウェットティッシュを持参

携帯ウォシュレットをわざわざ持ち歩くまでもないと思った方も、ウェットティッシュくらいは持ち歩くといいかもしれません。

台湾旅行中、お腹を壊してしまう方も意外と多いので突然の下痢症状対策としてもこれが役立ちます。可溶性じゃないので絶対にゴミ箱に捨ててください。

 

対策③ ティッシュを持参

前述したように、トイレによってはトイレットペーパーがない場合もあります。
急ぎの際はトイレをチェックする暇もないですよね…。気まずい状況にならないために、旅行中は(ポケット)ティッシュを持ち歩くことを強くおすすめします。

また、ティッシュを持っておけばレストランや夜市などあらゆる状況でも活躍しますので、台湾旅行には必須のアイテムです。

ウェットティッシュとポケットティッシュは現地コンビニでも手に入りますので、ぜひ購入してください。

 

台湾のトイレ事情まとめ

今回は「台湾のトイレ事情」というテーマでお話しました。
上記をまとめると

  • 台湾のトイレは日本ほどキレイではない
  • トイレットペーパーは流せない
  • 用を足す際はまずトイレをチェック!
  • 快適に過ごしたいなら携帯ウォシュレットが便利!

となります。

台湾にかかわらず、海外旅行で気になるパートのひとつ「トイレ事情」ですが必要に合わせてティッシュや携帯ウォシュレットを使用することである程度は対策することができます。

また、台湾には厄介な「ある虫」もいますので旅行前に対策するといいかもしれません。
旅行前に持ち物を確認して、万全の状態で台湾旅行を楽しみましょう!

関連記事

 

台湾情報

Posted by NIKOU