【断定】推薦状の英訳は任せた方がいい理由4選【人生かかってる】

2020年4月26日


【断定】推薦状の英語訳は任せた方がいいという話【人生かかってる】


こんにちは、耕平です。
海外の大学院や奨学金申請のために、英語やその他外国語で、しかも自力で推薦状を書かなければいけない方も多いんじゃないでしょうか。僕もその一人でした。

そこで今回は

・構成~英語訳まで自分でやらなきゃいけない

・語学力で合格を逃したくない!

・ネイティブチェックを頼るあてがない

そんな方に「推薦状の英訳は絶対に任せた方が良い話」をしていきます。
推薦状の書き方については、よく読んでもらえている記事がありますのでそちらをご覧ください
【自力】推薦状の書き方のコツ|奨学金・大学院申請に必須【例文】

海外大学院や奨学金の申請に必須な「推薦状」ですが、今これに悩んでいる方はまさに人生の岐路に立っていて、人生において大きな決断になる場面だと思います。
つまり結論から申しますと、大事な推薦状の翻訳はココナラというサイトで丁寧かつ良心価格で翻訳してくれるので、絶対に利用した方がいいという話になります。
ココナラ公式HP

その理由を詳しく解説していきます。

推薦状の英語訳は任せた方がいいという話

・研究計画と推薦状で合否の9割が決定
・時間の大幅節約になる
・ネイティブ並みの翻訳
・安心で良心的な値段設定

自力で用意しないといけなくて悩んでいる方はぜひお読みください。

研究計画と推薦状で合否の9割が決定

見出しの通りです。
主観ではありますが、最終学歴の成績や語学力証明は足切りのための判断材料、もしくは微々たる加点であり9割は研究計画書と推薦状の内容で決まると言っても過言じゃないと思います。

つまり、伝わる英語を書くことがとても大切なんです。推薦書に、普段使いの英語(やその他外国語)で書くのは少々アウトなのはわかりますよね。推薦者の信用にも関わります特に英語圏に申請する際は、文章の整合性や統一性はとても重要です。

時間の大幅節約になる

多くの人は、日本語で書いてから英語などに訳していくと思います。推薦状はよく2通必要だと言われるので、費やす労力は半端ないですよね。僕も翻訳作業だけで何時間もかけたのを覚えています…。

そこで、ココナラ を通して任せてしまえば時間の節約&その分を別の準備に使えるので効率的に時間を使えることになります。
時間をお金で買う、みたいな概念ですね。

ネイティブ並みの翻訳

自力で推薦状を書かなければならないということは「自分が推薦者の肩代わり」をするということですよね。
ここで問題になるのが…

  • 自分の語学力じゃ不安
  • 頼れるネイティブもいない

ということ。

頑張って自力で翻訳したとしても、それは教授などの推薦者が書いた文章として見られるわけですから推薦者の信頼や読み手の印象にも関わってきます。
つまり、推薦状の英訳は良いに越したことはないということです。

安心で良心的な値段設定

ココナラでの英訳サービスの相場はだいたい、日本語1000字(300単語)で1000~1500円くらいです。Word1ページくらいなら約2000円くらいになるんじゃないでしょうか。
これが高いか安いかということなんですが、例えば翻訳専門サイトにお願いすると1枚で数万円は取られます。また、同じアウトソーシングサービスであるランサーズと比較しても相場が安い傾向にあります。

人生かかっているのなら、全然許容できる範囲じゃないですか?

実際に注文してみよう

さて、実際に頼んでみましょう。注文して1~2日で完了してくださる方もいらっしゃいます。研究計画書などの翻訳も必要なら、一緒に頼んでも良いかもしれませんね。

選ぶ基準

ココナラ 評価とレビュー

coconala.com

上記リンクを見てもらうとわかるのですが、各サービスごとに星の数や実績販売数、レビューを見ることができるので信頼できるサービスを自分で選ぶことができます。評価や実績をそのまま信頼度として見てもらえばいいと思います。

サービス例の紹介

個人やサービスによって、「何文字でいくらなのか」「どの種類の文章を翻訳するのか」など細かい設定やオプションが設けられていたりするので確認してください。
わかりにくい場合は相談や見積もりを出してもらうこともできます。方法は少し後に解説します。

実際に僕が良いと思ったサービスをいくつか紹介します。

英訳サービス
 
中国語(簡/繁)訳サービス

ココナラの申し込み方法

1. 登録
2. サービスを見つける
3. 内容の確認&DM確認
4. サービスを購入する

1. 登録

ココナラ 会員登録方法

まずは無料の会員登録をしましょう。HP右上の「会員登録(無料)」からメールアドレスまたはFacebook情報などで登録できます。
ココナラで無料会員登録する
※今なら300円割引クーポン付き

2. サービスを見つける

英語またはその他必要言語に翻訳してくれるサービスを見つけましょう。上記でも紹介しましたが、吟味して「この人なら信頼できる!」という方にお願いしましょう。

3. 内容の確認&DM確認

料金設定や、仕上げまでの期間を確認できます。
あまり気にせず申し込んで、追加料金になる可能性もありますのでまずは「見積もり・カスタマイズの相談をする」から直接DM(ダイレクトメール)でやりとりをして確認してみてください。

しっかりと対応してくれます。

ココナラ 見積もり・DM

丁寧なやり取りを心がけてくださいね。

4. サービスを購入する

価格の見積もりにも納得することができたら「購入画面に進む」から購入しましょう。
ワードやテキストファイルで送ってくれと言われると思いますので、出来るだけ文字数を小さくするために推薦状の余分なパート(日にちや名前、推薦者情報など)をカットしたファイルを送りましょう。

断定:推薦状の英語訳は任せた方が良い

推薦状に限らず、研究計画や自伝などの正式な書類は伝わる言葉で書かなければいけません。語学力が原因で落ちるのは不本意ですよね…。
まずは受かることに全力を注ぎましょう!

以上を軽くまとめると

  • キレイな英語訳をしてもらえて
  • 安心・良心的な価格で
  • 時間の大幅節約にもなるので
  • 大切な書類のひとつである推薦状は

ココナラに任せた方が良いということになります。
ココナラで無料会員登録する
※今なら300円割引クーポン付き

個人的な意見では、推薦者が書く文章はよりしっかりしていた方が良いと思うので、研究計画の翻訳は渋っても推薦状の翻訳は頼った方が確実だと思っています。
また、研究計画や自伝などの書き方もよく読んでいただいてるのでぜひ参考にしてみてください。

関連記事