【隨身碟】USBメモリが壊れちゃった話

2019年10月31日

USBメモリを台湾では隨身碟と読んでいます。
データをやりとりする上で欠かせないそんな隨身碟をいつも通りパソコンに挿したら、こんなポップアップが….

format.jpg

パソコンに疎い私はフォーマットがどうのこうの言われてもよく分からないので、とりあえず調べた。

そして衝撃の事実…
「フォーマットするとデータが消去されます」

つまりもう使えないということで、私の約7年間分のデータが地球上から消滅した。

今研究室で使ってるデータ然り、大学や会社で使っていたデータ(まぁこれは必要ないといえば必要ないんですが)全て飛びました。質量保存の法則が電脳世界にも存在するなら、エネルギーとなって誰かの役に立っていることを願います。

もうどうしようもないので、今必要なデータは新しく書き直し、過去の物は時期外れの断捨離ということで諦めた。

そして研究生の命である隨身碟を買いに近くの全國電子へ走った。
そんなメモリ数いらないし、やっすいのでいいやと思っていたんだけど、店員さん曰く今は16Gが一般的だから4Gの方が高いよ。だって。
え、そうなの?常識を無視した市場が存在するの?

まあ大は小を兼ねるし安いならそれでいい。
109元で買えた。
400円だね。得した気分!

最後に警告!
バックアップ大事!




雑記

Posted by NIKOU