【台湾】西湖MRT駅で迷ったらまず構内を散策!佛跳牆が食べれる

2022年8月7日

【台湾】西湖MRT駅で迷ったらまず駅内を散策しよう|佛跳牆が食べれる

こんにちは、耕平(@HEYinTW)です。

台湾台北にある西湖には約1年間住んでいました。

POINT
台湾には苗栗県にある「西湖渡假村」も有名ですが、この記事は台北にある「西湖」駅の紹介です。日本にも中国にも「西湖」があるのでややこしいですね笑

 

台湾西湖MRT駅(西湖捷運站)の特徴

台湾西湖MRT駅(西湖捷運站)の特徴1

西湖MRT駅(西湖捷運站)の特徴はなんと言っても台湾で唯一市場と併設されている駅だということでしょう。1番出口の1階フロアは肉や魚、野菜などが売っている台湾伝統様式の市場が広がります。2階フロアはフードコートや雑貨屋などが並び、地域住民に愛される空間になっています。

写真は後ほど紹介します。

 

西湖MRT駅の場所

住所:台北市內湖區內湖路一段285號

西湖MRT駅は台北内湖区に位置する主要駅です。この辺りには「內湖科學園區」というITテクノロジーエリアがあり、平日は多くの会社員で溢れます。

そのためレストランやカフェも多く、物価も少し高い印象です。

隣のMRT駅「劍南路」には観覧車があり、台北では少し有名です。

 

 

西湖MRT駅の紹介

台湾西湖MRT駅(西湖捷運站)の特徴2

それでは西湖MRT駅の紹介をしましょう。

西湖MRT駅周辺は特に有名な観光地はなく、特別訪れる観光客は少ないと思いますが最先端ITテクノロジー企業が密集する地域でもあるので、ビジネストリップで訪れる日本人も少なくないでしょう。

西湖駅のMRT改札は3階からとなっており、1階が市場、2階が主にフードコートとなっています。

営業時間

 

西湖MRT駅1階 朝市:

5:00~13:00 (月曜休み)

西湖MRT駅2階 フードコート&雑貨 :

11:00~20:00

ちなみに、入口は何個かあります。

 

西湖MRT駅1階 朝市

台湾西湖MRT駅(西湖捷運站)の特徴3
西湖1番出口にある市場への入口

朝、13:00までに西湖駅に立ち寄る機会があれば1階フロアの市場をぐるっと回ってみると面白いと思います。台湾の伝統的な朝市って少し小汚くて、特に観光客向けではなく地域住民に愛される場所なんですよね。だから、観光客は行きにくい雰囲気があります。

しかしここは駅構内、入りやすい雰囲気です。

売っている物、買い方、全て他の朝市と同じなので台湾の朝市体験には結構おすすめです。

台湾西湖MRT駅(西湖捷運站)の特徴4

台湾西湖MRT駅(西湖捷運站)の特徴5

台湾西湖MRT駅(西湖捷運站)の特徴6
構内にあるので他の市場と比べて衛生的である(気がする)
台湾西湖MRT駅(西湖捷運站)の特徴7
パイナップルを買ったらその場で剥いてくれた

 

西湖MRT駅2階 フードコート&雑貨

台湾西湖MRT駅(西湖捷運站)の特徴8
1番出口の階段の途中にフードコートに繋がる入口がある

朝11:00~夜20:00まで空いているフードコートがあります。毎日空いていますが、全てのお店が空いているわけではなくお店ごとで定休日が違うので目的のお店がある場合は事前確認が必要です。

ちなみに、僕はこのお店の「佛跳牆」という料理が大好きです。

台湾西湖MRT駅(西湖捷運站)の「佛跳牆」
「楊家」の佛跳牆(右)と米糕(左)

台湾西湖MRT駅(西湖捷運站)の「佛跳牆」2

佛跳牆」は台湾のポピュラーな正月料理の1つで、僕ら外国人はお呼ばれしない限り食べることはほぼ不可能です。日本でいう「筑前煮」とか「お煮しめ」みたいな立ち位置でしょうか笑

僕はこの西湖MRT駅のフードコートでしか見たことがありませんが、値段も95元と超良心的!

これを食べる為だけに来るのもナシ寄りのアリだと思います。

ただ、台湾のレストランは入れ替わり立ち替わりが激しいので、ずっとあるかは保証できません。

台湾西湖MRT駅(西湖捷運站)の特徴9

台湾西湖MRT駅(西湖捷運站)の特徴10

その他にも、日本、タイ、韓国料理、パスタやピザなどとりあえずなんでもあります。

雑貨屋や床屋、デザート屋もあります。

台湾西湖MRT駅(西湖捷運站)の特徴12

台湾西湖MRT駅(西湖捷運站)の特徴11

 

まとめ

台湾で唯一市場と併設した西湖MRT駅の紹介でした。

IT分野に強い企業が立ち並びますがこの辺りに住む日本人は比較的少ないです。観光客も少ない地域なので、現地特有の雰囲気が味わえると思います。